本文へスキップ


越谷産の素材を使ったお弁当の宅配。        TEL.O48-987-8088

キッチンとまと

ようこそ、キッチンとまとのホームページへ。


 「ワーカーズ・コレクティブ キッチンとまと」は、可能な限り地場産の農作物を使用して、安全・安心なお弁当を届け、誰でもが高齢になっても働く場としていきたいと願っています。
 またワーカーズ・コレクティブとして、地域に必要なものやサービスを市民事業化し、自分たちで出資・経営・労働を担うという組織づくりをめざしています。
 いくつになっても働ける、家族的なお店です。

日変わりのお弁当      ▼2018.06.01更新

  • 1食でもどうぞ。

日替り弁当:580円 おかず430円
半ライス530円 
休業日:土・日・祝

  (休業日でも、前日までにご注文いただければ、お届けします。)





今月(2018年6月)のお弁当メニュー表









▼2018.05.13更新

 ▲新ページをUPしました(上をクリックしてください)2017.12.7


◇2018年05月08日(火) 田村實さん(越谷市神明)
越谷の地で農業を営み17代目になる田村實さん。「定年帰農」ながら「少量多品種」(田村さんの弁)の野菜・米などを作り、蒲生にある「ふらっとがもう」に毎日、朝どり新鮮野菜を届ける日々。
◆「水辺の市」を支える人たち――8

◇2017年11月14日(火)  三ツ木宗一さん(越谷市増林)
トマトづくりにかけた人生。育て方を探求して、栃木・群馬など関東各地を訪ね歩き。そして試行錯誤10年、ここ20年以上、香り・酸味・甘さの三位一体の自信作を出荷。おいしい「越谷米」も直販でリピーターの方に販売。食べたい方は「キッチンとまと」のお弁当を。
◆「水辺の市」を支える人たち――7
 
◇2017年09月19日(火) 宇田川一郎さん(越谷市平方)
江戸開府以来の歴史を誇る農家とその背景に「越谷自慢の屋敷林」を残し、いまでも多種多様な野菜・タケノコを生産する宇田川一郎さん(71)。キッチンとまとで販売中!
◆「水辺の市」を支える人たち――6

◇2017年05月09日(火) 内田よしこさん、内田裕さんご夫妻(越谷市増林)
越谷の農産物直売所・グリーン・マルシェ向けに多様な野菜作りに挑戦しながら、冬は「山東菜づくりの名人になる」内田よしこさん、内田裕さんご夫妻――水辺の市の名物店・「キッチンとまと(ワーカーズ・コレクティブ)」でも販売しています。
◆「水辺の市」を支える人たち――2

◇2017年04月18日(火) 髙橋政太郎さん(越谷市西新井)
甘い(高糖度の)、芳醇な味が口の中でジュワーと広がる、越谷産トマトを栽培している「髙橋政太郎さん」――水辺の市の名物店・「キッチンとまと(ワーカーズ・コレクティブ)」でも販売しています。
◆「水辺の市」を支える人たち――1

  
      




▼2017.10.21更新
10月18日(木)13時から須長こうさん(キッチンとまと代表)が《農と食をつなぐ事業を》を語る。「世一緒のページ――すいごごcafé」にリンクを貼りました。
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/syokubasanka/suigogo.html#sunaga
 10月18日第3水曜日のすいごごカフェは、ランチカフェどっこいしょとセットで。以下は、写真:世一緒サポーター・直井さん、文・職場参加をすすめる会代表理事の山崎さんによる報告です。
 『今日のすいごごカフェは、ランチカフェどっこいしょのカレーを作ってくださっている「キッチンとまと」の須長さんのお話。
 30年前、生活クラブの役員をやり、せっけん運動や食のことなど勉強した。役員を終えて、仕事をしたいと思ったが、食品添加物いっぱいの物を売るようなパートの仕事に抵抗があり、コミュニティビジネスとしてワーカーズコレクティブでお弁当屋を開業。出資者は20人位、600万円でスタート。15年位して、儲けられなくなり家賃が払えないので1年休業。その後、産業支援課から空き店舗対策で声がかかり、今の日の出商店街で再開した。現在時給400円、でも持ち出しはなくやれていると、キッチンとまとの歴史からのお話。
「身土不二」(人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。)をキーワードに、自分の住んでいるところを大事にしていくことを基本に、仕事を続けていきたいこと。
越谷市の農業とのつながりを深めたいから、農家を訪ねる活動をして農業がなくならないようにと願っていること。
 夢は、そういう農家の奥に、1階は仕事場、2階に居室の共同住宅をつくり、みんなで助け合って100歳まで現役でいることだそうです。
 野菜を育て、それを料理し、みんなで笑いあっているおばあさんたちの姿! 想像できるなあ。
(FacebookへUP・山下浩志[NPO障害者の職場参加をすすめる会])

   




▼2017.10.21更新
「こみゅ! 9月」、越谷ブロック地域協議会、2017年9月11日付。





▼2017.06.12更新

共に学び・働く「障害」というしがらみを編み直す

zoomRSS世一緒当番スタッフ友野さん

<<   作成日時 : 2017/06/12 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


原稿執筆で忙しくアップしそびれていた先週金曜日の世一緒のニュース。その二日前の水曜夜、仕事おこし懇談会inこしがやの会議の時に急に打診されたワーカーズコレクティブ・キッチンとまとの弁当配達ピンチヒッターとして、金曜の世一緒当番スタッフ友野さんがサポーター長谷川君を伴い、隣町の中学校まで行く。

画像


友野さんは、バリアフリー化されたばかりというトイレを使わせてもらう。車椅子を使う生徒は在籍していないというから、利用者第1号か。今日もまたキッチンとまとからの依頼で、公共施設まで配達に出動することに。

 [出所]http://yellow-room.at.webry.info/201706/article_3.html



 

水辺の市――「キッチンとまと」も出店しています。

毎月、第2火曜日は、葛西用水ウッドデッキ(越谷市役所ヨコ、ウッドデッキ)で野菜や弁当、手作り小物、そしてあの顔、この顔が待っています。

 水辺の市(いち)では、越谷市で活動している団体や商店が集まり、にぎわいの創出を目指しています。
 市(いち)には、格安な野菜、越谷市の名産品、リサイクル品、ケーキやおこわなど、お得な商品や美味しいものがたくさんそろっています。
 カフェもご用意しておりますので、午後のひとときにまたお散歩の帰りに立ち寄ってみてください。
 きっと掘り出し物に出会えるはずです。


◆次の市は2018年06月12日(火)です。 ▼2018.05.13更新
    







▼2018.05.12更新

◆2018年05月08日(火)の「水辺まつり」

 ▽毎月、第2火曜日の10:00~15:00に越谷市役所脇の葛西用水ウッドデッキ開いている越谷・水辺の市。
 どうぞお出かけください。


越谷の地で農業を営み17代目になる田村實さん。「定年帰農」ながら「少量多品種」(田村さんの弁)の野菜・米などを作り、蒲生にある「ふらっとがもう」に毎日、朝どり新鮮野菜を届ける日々。

◆「水辺の市」を支える人たち――8
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/180508mizubenoiti.html

  






2018.04.16更新

▽2018年04月10日(火)の出店風景

▼キッチンとまとのお店には、「宇田川さん」のタケノコ・野菜が販売されています。


▼2018.03.19更新
▽2018年03月13日(火)の出店風景

▼キッチンとまとのお店には、「内田農園さん」の野菜が販売されています。



▼2018.02.19更新

▽2018年02月13日(火)の出店風景

▼キッチンとまとのお店には、もう「髙橋政太郎さんの甘いトマト」が販売されています。





▼2018.01.20更新

▽2018年01月09日(火)の出店風景





▼2017.12.16更新
▽2017年12月12日(火)の出店風景






▼2017.11.18更新
▽2017年11月14日(火)の出店風景






▼2017.10.15更新

▽2017年10月10日(火)の出店風景








▼2017.09.28更新

◆2017年09月19日(火)の「水辺まつり」▼2017.09.28更新

 ▽毎月、第2火曜日の10:00~15:00に越谷市役所脇の葛西用水ウッドデッキ開いている越谷・水辺の市。
 どうぞお出かけください。

▽2017年09月19日(火)は出店しませんでした。
江戸開府以来の歴史を誇る農家とその背景に「越谷自慢の屋敷林」を残し、いまでも多種多様な野菜・タケノコを生産する宇田川一郎さん(71)。キッチンとまとで販売中!
◆「水辺の市」を支える人たち――6
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/170919mizubenoiti.htm

  l

▽2017年08月08日(火)の出店風景


▽2017年07月11日(火)の出店風景





▽2017年06月13日(火)の出店風景






◆2017年05月09日(火)の「水辺まつり」▼2017.05.10更新

 
▽毎月、第2火曜日の10:00~15:00に越谷市役所脇の葛西用水ウッドデッキ開いている越谷・水辺の市。
 どうぞお出かけください。
越谷の農産物直売所・グリーン・マルシェ向けに多様な野菜作りに挑戦しながら、冬は「山東菜づくりの名人になる」内田よしこさん、内田裕さんご夫妻――水辺の市の名物店・「キッチンとまと(ワーカーズ・コレクティブ)」でも販売しています。
◆「水辺の市」を支える人たち――2
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/170509mizubenoiti.html






◆2017年04月18日(火)の「水辺まつり」▼2017.04.20更新

 ▽毎月、第2火曜日の10:00~15:00に越谷市役所脇の葛西用水ウッドデッキ開いている越谷・水辺の市。
 どうぞお出かけください。
▽2017年04月18日(火)の「水辺の市」
甘い(高糖度の)、芳醇な味が口の中でジュワーと広がる、越谷産トマトを栽培している「髙橋政太郎さん」――水辺の市の名物店・「キッチンとまと(ワーカーズ・コレクティブ)」でも販売しています。
◆「水辺の市」を支える人たち――1
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/170418mizubenoiti.html



▽2017年03月14日(火)の出店風景





▽2017年02月14日(火)の出店風景





▽2017年01月10日(火)の出店風景






 
▽2016年12月13日(火)の出店風景








▽2016年11月08日(火)の出店風景









▽2016年10月11日(火)の出店風景











  ▽2016年8月9日(火)の出店風景



・主催:越谷にぎわいの会 
TEL  090(4203)4936 (代表:須長) 
メール shokuba@deluxe.ocn.ne.jp (実行委員・障害者の職場参加をすすめる会)
ホームページ http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/index.html

▽2016年7月12日(火)の出店風景








▽2016年6月14日(火)の出店風景






▽2016年5月10日(火)の出店風景



 
▽2016年5月03日(火)の出店風景

 



▽2016年02月09日(火)の出店風景

 △「水辺の市」(2016年02月の風景)へ






◆越谷・第9回協働フェスタに参加しました。 ▼2017.01.28更新
 





12月18日(日)、共に働く街を創るつどい2016 「共に働いて地域を耕す」で報告します。
13:15~16:15、越谷市中央市民会館5F2,3会議室
――
参加自由です(下記にご連絡を)。

 


12月15日(木)11時からキッチンとまとの料理で「Lunch Café どっこいしょ」を開きます。 ――参加自由です(下記にご連絡を)。


 ▼下のロゴをクリックして下さい。当日の「写真ページ」にリンクしています。  2016.12.18


 



▼下のロゴをクリックして下さい。当日の「写真ページ」にリンクしています。  2016.10.13
 





開店20周年記念のつどい――参加自由です(左記にご連絡を)。
   ▼下のチラシをクリックして下さい。当日の「写真ページ」にリンクしています。  2016.10.13

 



 ▲スマホHP入り口 

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizube-smartphone/index.html







information毎日の食に、手作り「とまとのお弁当」を


・無添加の食材を使用していますので、当日中にお早めにお召し上がり願います。
・安心して召し上がっていただける食材を使用し、毎日手作りしています。
・「地産地消」をモットーに、米はすべて越谷産、野菜もできるだけ越谷産を使用しています。


 

 
「とまとカー」であなたの職場に、一人暮らしの高齢者へ。スピーディーにお届けします。


information  私たちがめざしていること


●父子家庭、高齢者など食事作りが困難な人たちへの食事配達
●地場農作物を使用することで、越谷市の農地保全、自然環境保全などを図る
●地域コミュニティーの繋がりを作る(空き店舗対策)


information オードブル・惣菜のご注文も

・各種お弁当・オードブルなど、ご予算に応じてうけたまわっております。
・大切な日のお料理を、ご予算に合わせてご用意いたします。お気軽にご相談ください。
(お誕生会・祝賀記念・ホームパーティ等)






information 地域貢献しながら事業展開しているワーカーズ・コレクティブ(W.Co)


 ワーカーズ・コレクティブとは地域に必要なものやサービスを市民事業化し、自分たちで出資・経営・労働を担うという組織形態をいいます。
 全国で約700団体が事業を行っています。
 いくつになっても働ける、家族的なお店です。





編集人:飯島信吾
ブログ:ある編集者のブログ
企画・制作:インターネット事業団
インターネット事業団
(メール)



u p 2014年07月10日
更新 2014年07月10日
更新 2014年07月14日
更新 2014年07月19日
更新 2014年08月07日
更新 2014年09月08日
更新 2014年10月09日
更新 2014年10月13日
更新 2014年11月01日
更新 2014年11月30日
更新 2015年01月04日
更新 2015年01月25日
更新 2015年01月31日
更新 2015年03月01日
更新 2015年03月20日
更新 2015年04月01日
更新 2015年05月01日
更新 2015年06月01日
更新 2015年06月25日
更新 2015年07月04日
更新 2015年08月04日
更新 2015年08月26日
更新 2015年08月31日
更新 2015年10月03日
更新 2015年11月05日
更新 2015年12月01日
更新 2016年01月06日
更新 2016年02月01日
更新 2016年02月13日
更新 2016年03月01日
更新 2016年03月01日
リニューアル更新
更新 2016年03月15日
更新 2016年03月17日
更新 2016年04月02日
更新 2016年05月01日
更新 2016年05月05日
更新 2016年05月15日
更新 2016年06月01日
更新 2016年06月15日
更新 2016年07月01日
更新 2016年07月17日
更新 2016年08月01日
更新 2016年08月07日
更新 2016年08月25日
更新 2016年09月01日
更新 2016年09月13日
更新 2016年10月01日
更新 2016年10月13日
更新 2016年11月01日
更新 2016年11月05日
更新 2016年11月11日
更新 2016年11月27日
更新 2016年12月01日
更新 2016年12月19日
更新 2016年12月25日
更新 2017年01月05日
更新 2017年01月13日
更新 2017年01月28日
更新 2017年02月01日
更新 2017年02月19日
更新 2017年02月28日
更新 2017年03月18日
更新 2017年04月01日
更新 2017年04月11日
更新 2017年04月24日
更新 2017年05月01日
更新 2017年05月10日
更新 2017年06月01日
更新 2017年06月12日
更新 2017年06月18日
更新 2017年07月01日
更新 2017年08月01日
更新 2017年09月01日
更新 2017年09月12日
更新 2017年09月28日
更新 2017年10月01日
更新 2017年10月15日
更新 2017年10月21日
更新 2017年11月01日
更新 2017年11月18日
更新 2017年12月01日
更新 2017年12月07日
更新 2018年01月03日
更新 2018年02月01日
更新 2018年02月19日
更新 2018年03月01日
更新 2018年03月19日
更新 2018年04月01日
更新 2018年04月16日
更新 2018年05月01日
更新 2018年05月12日
更新 2018年05月13日
更新 2018年06月01日








キッチンとまとキッチンとまと

〒343-0841
越谷市蒲生東町18-13
日の出商店街
TEL O48-987-8088
FAX O48-987-8088
日替わり弁当のご注文は、当日午前10時まで。